ある日、ふと思い出した昔の暖かい思い出。 そんな事を小説にしてみたい! そんな男の場所です。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「星の海を目指して」
「ジェネレーター…チェック…想定値…クリアー」

フォンブラウンのアナハイム工場、MSハンガーの中。青いパイロットスーツを身に纏った男。コード・ネーム「ブルー・イーグル」は新たな愛機となった「グレイ・ブルー」のコックピット内で、少し嬉しそうな顔でチェックを行っていた。

B「ラジエーター。チェック…ん?…少しバラつきが…あるな…再度調整が必要だな、次は~…」

チェックをもくもくとこなしていくと、一人の男が声をかけてきた。

S「ブルーさぁ~~ん。どうですかぁ?」

コックピットまで少し不慣れな浮遊移動で飛んできたサトウがブルーに問いかける。その声は自信満々な感じがした。

コックピットから上半身を起こし、ブルーはサトウへ言い返した。

B「ああ?少しバラつきが多いなぁ。一応動きはするだろうが、合格点はあげられねぇな」

S「えええ!?」

サトウも狭いコックピットの中に入り、ブルーがチェックした内容を確認すると困った顔になった。

S「ブルーさん…チェック範囲の許容が細かすぎですよぉ~これくらいなら全然問題なく戦闘も可能ですよぉ」

B「文句があるならお前が乗って出ろよ。俺はかまわんぞ?」

S「いえいえいえ!!すすすすぐに調整させます!」

そう言うとサトウはメカニック達に対して怒鳴り始めた。八つ当たりされるメカニック達がモニターからでもわかるほど嫌な顔になっていくのが見えた。

B「おいおい!そんな言い方するな!…すまんなメカニックの皆。最善の状態で出たい。もう一度調整を手伝ってくれるか?」

ブルーの言葉に、先ほどまで怒りがこみ上げていたメカニック達は、「ハイ!」と歯切りのよい返事で、彼に返した。

B「な?人っていうのは協力しあって仕事するもんなの?わかる?」

S「…わかりましたよ!あ~~メカニックの諸君!よろしく頼むよぉ。くれぐれも!!手抜きなど!!しないようにぃい!!」

サトウの言葉が終わる前に、工具が嵐のように飛んできた。無重力空間になれていないサトウだ。もちろんほとんどが直撃だ。

S「いたた!!おっお前達!誰があ!いててててて!!給料を払って…」

B「ん?元をたどれば俺だが?この素晴らしいメカニックの皆には正当な報酬が支払われるよなぁ…なあ?

メカニックの男達が「その通りだ!!」と声を合わせて言うとサトウはそそくさと逃げていった。

もちろん。

逃げる間にも容赦なく攻撃は続く。

最後の1発はエアロックの扉がしまる直前に、まるで彼を追い求める野獣のように飛んでいき…

エアロックがしまった瞬間。

S「いったぁああああ!!!」

ハンガー内にブルーを含めた笑い声が響き渡った。

8時間後。

B「ふぅ…これで全部か。最終チェック!全て想定値をクリアー…皆!ありがとう!」

コックピットから両腕を上げてメカニックに伝えると、メカニックマン全員は歓声でそれに応えた。

恐る恐るハンガーを見ていたサトウもそれに加わる。彼の手には全員分のドリンクがあった。

B「お!気が利くじゃない。そういう気配りが仕事をうまく運ぶんだよ?うんうん」

そう言い終えると、久方ぶりの安堵の息を漏らしたブルーは、トリガーを大事そうに握った。

B「これでまた…前に進める…お前の意思も積んで…どこまでも…な」

誰に語りかけるわけでもない。

自分自身に対してなのか、それとも散ってしまった戦友への言葉なのか。

言葉を発した本人ですら。何故そう言ったのかわからなかった。

全ての作業を終えたメカニック達がエアロックの奥へと消えていく。

サトウもいつの間にかいなくなっていて、かわりに管制室からひょっこりと顔を出していた。

S「どうですか?行けますか?」

B「ああ。申し分ない」

S「了解…では早速ですがテスト飛行と行きましょう」

B「わかった。コースは?」

S「そちらに転送します」

円形モニターの左端に月の形が表示され、半分くらい月が回転すると一つのクレーターで一旦止まった。それはすぐにフォンブラウンを指すことがわかった。

S「全部で月を3週してもらいます。まず一周目は出力をゆっくりと上げてくださいね。次の一周は全力でお願いします。最後の一周ではテスト戦闘として、モニター内に敵機を表示させます。それを各個撃破してください」

B「了解した」

ブルーの言葉を受け取った管制室がいくつかの言葉を言うと、「グレイブルー」の機体の下にあった台座が上へと上がっていく。

S「念のためもう一度チェックをお願いします」

B「もうやってるよ…ジェネレーター、ラジエーターはクリア。オイルプレッシャー…クリア。オキシジェンサプライ…クリア。ライフサポートエクウィップメント…クリア」

上へ上へと上がっていく最中。表示されるチェック項目を全て確認していくと。今までライトの光に包まれていた世界から、漆黒の闇と太陽に照らし出された月面の世界へと変わっていった。

S「あ~~こちらアナハイムコントロール。「ブルーイーグル」聞こえますか?」

B「こちらブルー。受信状況良好。いつでもいけるぞ?」

S「了解。射出まで30秒」

B「了解した。ばっちりと記録とっておいてくれよ?」

S「わかってますよ。ブルーさん始めてのZ系ですから、無理せずに」

B「多少の無理は効いてもらわないと困る。始めっから故障するような腕じゃなかろう?アナハイムのメカニック達は」


S「ふふ、メカニック達が喜びますよ…残り10秒。カウント開始」

脚部とテールスタビライザーが心地よい振動をあげていく。

10

9

8

7

6

出力が上がり始め、独特の高音のエンジン音がコックピット内部に響き渡る。

5

4

3

2

1

B「ブルー・イーグル。グレイブルーZ…出るぞ!」

0

ignition

機体の後ろにあったバーナーガードに、勢いよくブースターからの火が当たっていく。

1機のMSがフォンブラウンから飛び立った。

それは宇宙外で作業している者から見れば、一直線に星の海に飛び立つ彗星のように見えた。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

いまいち時代がどの辺か、わかりずらいのですが^^;
どの辺なんです?ZとZZの間くらい?
【2007/05/27 09:22】 URL | bb #-[ 編集]

初コメント感謝です^^
一応Zのグリプス戦が終了したあたりなんですが、詳しい情報がなくてTT
ZとZZの中間から~~ってことで書いてます。
【2007/05/27 10:06】 URL | 永島 #A1MTkRFE[ 編集]


を!ZガンダムMSVですね。


文体も変わったです?テーマによって変えられるのは中々難しいと思いますが、いい感じですね!

N隊長(こっちじゃ永島さんの方がいいかな?)しっかしモデラー&書き手、等など多彩だなぁ
【2007/05/27 11:05】 URL | Rai #KBLXzvps[ 編集]

raiさんいらっさいませ~^^
色々あって変えてみました^^
これからも頑張って書いていきますので、よろしくお願いします!

ちなみに小説も模型もヘタレレベルでごわす
【2007/05/29 01:45】 URL | 永島 #A1MTkRFE[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。